オーストラリアホテル  オーストラリアコンドミニアム ケアンズホテル シドニーホテル ゴールドコーストホテル パースホテル エアーズロックホテル メルボルンホテル ダーウィンホテル タスマニアホテル
オーストラリアのホテル&コンドミニアムの格安予約はオーストラリアホテル.net。ケアンズホテル、ゴールドコーストホテル、シドニーホテル、パースホテル、エアーズロックホテル、ダーウィンホテル、メルボルンホテル、タスマニアホテル等。口コミ情報、地図有り。 フリーダイヤル
オーストラリア ホテル コンドミニアム
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
パース
エアーズロック
メルボルン
ダーウィン
アデレード
タスマニア
【その他の都市】
パームコーブ
ポートダグラス
グレートバリアリーフの島
アーリービーチ
サンシャインコースト
フレーザー島
ブリスベン
バイロンベイ
アリススプリングス
西オーストラリアの他エリア
南オーストラリアの他エリア
イルカを見られるリゾート
ゴルフリゾート
取り扱いホテル一覧
オーストラリア コンドミニアムについて
コンドミニアムとは
コンドとホテルの違い
コンドミニアムでの洗濯
コンドミニアムのキッチン
コンドの部屋タイプと間取り
コンドミニアムでの楽しみ方
コンドミニアム体験談
オーストラリア 出発準備
パスポート
ビザ
旅行保険
外貨
オーストラリアの気候
オーストラリア 入国と出国
日本出国
オーストラリア入出国
持ち込めない物
申告が必要な物
オーストラリア 基礎知識
通貨
電圧・電話・郵便
インターネットについて
交通情報
医療機関
都市間の移動時間
オーストラリア メールマガジン
メールマガジン:毎月お得な情報を配信中! 毎月お得な情報を配信中!
ご登録はこちら
オーストラリア 役立ちリンク
オーストラリア全土のツアー・ホテルの格安予約
オーストラリアのツアー
オーストラリアのホテル
オーストラリアのリゾート
オーストラリアのダイビング
オーストラリアの鉄道
オーストラリアの留学
オーストラリアの不動産
お役立ちリンク集
インフォメーショオーストラリア イン
お問い合わせ
予約までの流れをご説明
予約規定
メルマガ登録・解除
オーストラリアの都市情報
会社案内
お客様からサンクスメール
ATSが選ばれる理由
オフィスマップ
代表からのご挨拶
スタッフ紹介
サポート
個人情報保護について
よくある質問とお答え
オーストラリアのホテル コンドミニアム予約 オーストラリアンツアースペシャリスト
当サイトはリンクフリーです。
ごリンクの際はこちらのバナーをお使い下さい。

  お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ! 
   ケアンズのホテル ゴールドコーストのホテル シドニーのホテル パースのホテル エアーズロックのホテル メルボルンのホテル ダーウィンのホテル タスマニアのホテル  取り扱いホテル一覧

交通情報

バス

バスの写真 オーストラリアの各都市では、公営のバスが四方八方に走っています。通常料金は区間システムとなっています。前払いで、乗る時にドライバーに行き先を告げます。料金を教えてくれるので、支払いを直接ドライバーにします。おつりも出ますが、あまり大きいお金はいやがられますので、バスに乗車するときは、細かいお金を用意しておきましょう!支払いを済ませると、チケットをくれますので、降りるまで保管しておいて下さい。たまに無賃乗車のチェックにくることがあります。降りるときは、日本と同じようにブザーを押してドライバーに知らせますが、バス停には名前がついていない為、車内のアナウンスもありません。ホテルや滞在している場所の周りの風景を覚えておくか、ドライバーに降りる時に教えてもらうかのどちらかです。また、小銭を用意するのが面倒な方には、パスがお勧めです。


電車

鉄道の写真 オーストラリアの大きな都市には日本と同じように電車や地下鉄を使って、通学や通勤に利用されています。各都市によって、運賃の方式が異なっておりますので、以下のサイトをご覧下さい。

● 各都市の公共交通(バスや鉄道)のホームページ
アデレードの交通機関のホームページ(英語)
アリススプリングスの交通機関のホームページ(英語)
ブリスベンの交通機関のホームページ(英語)
ブルームの交通機関のホームページ(英語)
ケアンズの交通機関のホームページ(英語)
キャンベラの交通機関のホームページ(英語)
ダーウィンの交通機関のホームページ(英語)
ゴールドコーストの交通機関のホームページ(英語)
タスマニア島の交通機関のホームページ(英語)
マッカイの交通機関のホームページ(英語)
メルボルンの交通機関のホームページ(英語)
パースの交通機関のホームページ(英語)
サンシャインコーストの交通機関のホームページ(英語)
シドニーの交通機関のホームページ(英語)
タウンズビルの交通機関のホームページ(英語)
ウィットサンデーコーストの交通機関のホームページ(英語)

タクシー

タクシーの写真バスよりも便利なのがタクシー。比較的料金も安く、日本のような白タクはほとんどないので、女性1人でも安心して利用することができます。ただ、日本と違って、流しのタクシーはつかまりませんので、タクシーを利用するときは、タクシー乗り場から乗るか、近くのホテルに行って、レセプションもしくはポーター・デスクでタクシーを頼むのが良いでしょう。また、電話で指定した場所に迎えにきてもらうこともできます。その場合は、氏名、行き先、迎え先、人数が聞かれます。写真のような荷物の多いときに便利なステーションワゴンのタクシーや、大人数で使えるバンタイプのMAXI CAB というのもありますので、必要であれば予約する際にリクエストしてみてはいかがでしょうか?

●オーストラリア全土にタクシーを運営しているブラック&ホワイトタクシー
電話番号:131 008
ブラック&ホワイトのホームページ

レンタカー

レンタカーの写真オーストラリアは交通法規が日本とよく似ており、車が左側通行のため、ひじょうに運転しやすい環境と言えます。ただ広大な国土を持つこの国の道路は、整備の行き届いた日本に比べると路面が荒れていることが多く、またカンガルーなどの大型動物の急な飛びだしなどもあるため、スピードの出しすぎや夜間の運転には注意が必要です。 オーストラリアの代表的レンタカー会社は、世界的大手のハーツ、エイビス、バジェット、さらにオーストラリア国内で充実したサービスを展開するスリフティなど。いずれも全国に支店を持ち、ほとんどの都市や空港で乗り捨てレンタルが可能となっています。 オーストラリアのレンタカー料金は、都市部を中心としたメトロポリタン、都市郊外のカントリー、内陸部のリモートエリアの、大きく3つに分けられ、メトロポリタンが一番安く、リモートエリアが一番高くなっている。また走行距離制限なども、通常メトロポリタンが無制限、それ以外はある一定距離以上は知ると追加料金がかかるようになっているので注意しましょう。各都市には、中小のレンタカー会社も多いのですが、保険の面で大手に劣る場合がほとんどですので、契約時に内容などを十分に把握しましょう。
レンタカーの料金や予約は下記のサイトが非常に便利です。ほとんどの空港に以下のレンタカー会社の営業所があります。
エイビスレンタカー
ユーロプカー
バジェットレンタカー

【レンタカーを借りるための必要書類
●国際運転免許証
オーストラリアで一時滞在者が運転のする場合、ほとんどの場合国際運転免許証が必要となります。

●日本の運転免許証
ほとんどの場合、国際免許と日本の免許証の両方の提示を求められます。どちらか片方だけでは借りられないので注意しましょう。

●クレジットカード
保証金を預けるのに必要。高額になるのでキャッシュはやめておいた方が良いです。

●パスポート
本人確認の為に必要。


運転上の注意

●ラウンドアバウトラウンドアバウトの写真
交差点が円形の島になっているロータリーのこと。田舎町や都市部でも郊外に出ると、信号機の代わりにラウンドアバウトが設置されています。車両はその島の周りを時計回りに進行。先にロータリー内に入っている車、すなわち自分の右方向から走って来る車が優先です。


●野生動物に注意
日本にはないタイプの道路標識交通事故のカンガルー郊外では野生動物が道路に飛び出してくることがあり、特に多い区間ではそれぞれの動物のマークの道路標識が立てられています。日中、動物が飛び出してくることは非常に希ですが、標識のある所ではスピードを緩めるなど、細心の注意が必要です。もし、レンタカーで動物を轢いてしまった場合は、早急にレンタカー会社に連絡をとりましょう。

●ガソリンはセルフが基本
ガソリンスタンドはセルフサービスがほとんど。乗用車の場合、基本的に無鉛ガソリン(UNLEADED)を、ディーゼル車の場合は(DIESEL)を給油しましょう。セルフといっても難しいことはありません。給油機から給油ガンをを外し、車の給油口に差し込んでレバーを引くだけ。満タンになると自動的にレバーが戻る仕組みになっています。あとはスタンドのレジに出向き、給油番号を告げてお金を払うだけです。
(当たり前のことですが、スタンド内での禁煙、また携帯電話の使用も禁じられています。)

●制限速度
町を外れると、日本なら40km制限と思われる道路でも、100〜110kmが当たり前。ノーザンテリトリーには制限のない区間もあります。しかし、気をつけなければならないのは、想像以上に路面が荒れていること。そのため、あくまでも抑え気味に走り、速い車には道を譲るのが慣れない海外でのドライブの基本です。また、スピード違反の取り締まりも頻繁に行われていて罰金は年々上昇しているので注意しましょう。

●シートベルト
オーストラリアでは同乗者全員のシートベルト着用が義務づけられています。18歳未満の未着用は運転者の責任となりますので注意しましょう。


キャンピングカー

オーストラリアには数多くのキャラバンパーク(オートキャンプ場)が点在しており、キャンピングカー旅行の環境がバッチリ整っています。日本では非常に高価でなかなか体験できないですが、オーストラリア旅行でなら格安で実現できます。ほとんどのタイプのレンタルキャンピングカーは普通免許で運転することが出来き、料金もレンタカーでホテルを転々とするより安上がりですので言葉の問題さえクリアできれば、非常に魅力的な旅のスタイルと言えます。

キャンピングカーを手配するサイト(英語)
ATSは最安値保証!!
同一旅行商品で他社よりも当社が高いようであればその価格よりも安くさせて頂きます。

オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。
オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。

オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用フリーダイヤル0044-2261-2137
ご予約専用フリーダイヤルではお問い合わせにはお答えできませんのでご注意下さい。 お問い合わせはこちらからどうぞ
ケアンズ ゴールドコースト シドニー パース エアーズロック メルボルン ダーウィン タスマニア のホテル コンドミニアムの予約はお任せ下さい!
Copyright © Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.
オーストラリア政府公認旅行業第一種免許 Licence No.TAG1501