オーストラリアホテル  オーストラリアコンドミニアム ケアンズホテル シドニーホテル ゴールドコーストホテル パースホテル エアーズロックホテル メルボルンホテル ダーウィンホテル タスマニアホテル
オーストラリアのホテル&コンドミニアムの格安予約はオーストラリアホテル.net。ケアンズホテル、ゴールドコーストホテル、シドニーホテル、パースホテル、エアーズロックホテル、ダーウィンホテル、メルボルンホテル、タスマニアホテル等。口コミ情報、地図有り。 フリーダイヤル
オーストラリア ホテル コンドミニアム
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
パース
エアーズロック
メルボルン
ダーウィン
アデレード
タスマニア
【その他の都市】
パームコーブ
ポートダグラス
グレートバリアリーフの島
アーリービーチ
サンシャインコースト
フレーザー島
ブリスベン
バイロンベイ
アリススプリングス
西オーストラリアの他エリア
南オーストラリアの他エリア
イルカを見られるリゾート
ゴルフリゾート
取り扱いホテル一覧
オーストラリア コンドミニアムについて
コンドミニアムとは
コンドとホテルの違い
コンドミニアムでの洗濯
コンドミニアムのキッチン
コンドの部屋タイプと間取り
コンドミニアムでの楽しみ方
コンドミニアム体験談
オーストラリア 出発準備
パスポート
ビザ
旅行保険
外貨
オーストラリアの気候
オーストラリア 入国と出国
日本出国
オーストラリア入出国
持ち込めない物
申告が必要な物
オーストラリア 基礎知識
通貨
電圧・電話・郵便
インターネットについて
交通情報
医療機関
都市間の移動時間
オーストラリア メールマガジン
メールマガジン:毎月お得な情報を配信中! 毎月お得な情報を配信中!
ご登録はこちら
オーストラリア 役立ちリンク
オーストラリア全土のツアー・ホテルの格安予約
オーストラリアのツアー
オーストラリアのホテル
オーストラリアのリゾート
オーストラリアのダイビング
オーストラリアの鉄道
オーストラリアの留学
オーストラリアの不動産
お役立ちリンク集
インフォメーショオーストラリア イン
お問い合わせ
予約までの流れをご説明
予約規定
メルマガ登録・解除
オーストラリアの都市情報
会社案内
お客様からサンクスメール
ATSが選ばれる理由
オフィスマップ
代表からのご挨拶
スタッフ紹介
サポート
個人情報保護について
よくある質問とお答え
オーストラリアのホテル コンドミニアム予約 オーストラリアンツアースペシャリスト
当サイトはリンクフリーです。
ごリンクの際はこちらのバナーをお使い下さい。

  お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ! 
   ケアンズのホテル ゴールドコーストのホテル シドニーのホテル パースのホテル エアーズロックのホテル メルボルンのホテル ダーウィンのホテル タスマニアのホテル  取り扱いホテル一覧

申告が必要な物

オーストラリアはハワイや香港と全く違います。同じ感覚で食べ物を持ちこむと検疫官に500ドルを超える罰金を払わなければならなくなることもありますので注意が必要です。以下をお読みになりオーストラリアへ持ってこられるものを明確にしてください。食べ物は基本的に検疫官に見せなければいけませんので、こっそり持ち込むことのないようお願いいたします。

以下のものは申告しなければいけません
●種やナッツ
商品としてパックに入った種、種で出来た飾り物やネックレス(種によっては持ち込みを禁止されているものもあります)塩味のついたピーナッツなど殻のついていないナッツ、アルミホイル製の袋に入ったものやローストされているのも含む。
種やナッツ
●植物を使った製品
麦わらを使った包装、木製の製品や芸術品、工芸品、骨董品、穀物の粒などの入った花輪や飾り物、種や麦わらが中に詰められている製品、彫物、ヤシの枝や葉で出来た品も含む(バナナの葉で出来た品物は持ち込み禁止)
植物を使った製品

●動物を使った製品
生皮を使った太鼓、盾、芸術品、加工された皮、獣皮、毛皮、髪、羽(野生動植物に関する国際法によって持ち込みが禁じられているものもあります。)
動物を使った製品
●食料品
調理済みのもの、調理されていないもの、また、材料も含む。
●乾物の果物、野菜類
●ハーブ・スパイスのすべて
各種漢方薬、トニックドリンク、茶を含む
●ビスケット・ケーキ・菓子類
チョコレート・キャンディー、チップス、ナッツ、プリッツェルなども含む
●麺類や米
加工食品やインスタント食品を含む。(肉の入った麺食品は持ち込み禁止)
●紅茶、コーヒー、ミルクドリンク
●竹や藤または菓製のバスケットやマット
ココナッツの彫刻や藤のバスケットを含む
●木製品
塗料の塗ってあるものや漆製品を含む
●生花やレイ
(バラ、カーネーション、菊などの繁殖が速い花は持ち込み禁止)
●ドライフラワー
●松の実やポプリ
自然のもの、及び花輪などの飾り物になったものを含む
●形態を問わず貝や珊瑚礁全て
ジュエリー、甲骨品、おみやげ品を含む。(野生動植物に関する国際法によって持ち込みが禁じられているものもあります。)
●羽、骨、角、牙
汚れがなく、血、皮、糞、土のついていないものでなくてはならない
●剥製動物
剥製師が作ったことを記す証明書が必要(野生動植物に関する国際法によって持ち込みが禁じられているものもあります。)
●羊毛(未加工)、その他の動物の毛
紡ぎ糸、敷物、衣服を含む。羊毛などの毛は洗錠剤で清潔でなければならない
●動物製道具類(使用済)
衣類、靴類、動物のグルーミング用道具や獣医用具、サドル、頭絡、鳥かごを含む
●スポーツ、キャンプ用品
テント、靴、ハイキングブーツ、ゴルフ用品自転車を含む
●蜜蜂製品


申告したものはどうなりますか?
オーストラリアの動植物や人々の健康、環境に影響を及ぼし得る他国の害虫や病原体の進入を防ぐためには、検疫が必要です。この役割は、AQIS Australian Quarantine and Inspection Service(アクイス:オーストラリア検疫サービス)が担っています。オーストラリアに到着されますと、AQISの検疫官が出入国に関連するその他の管軸局と緊密に協力しながら、検疫の対象となるものが漏れなく検査、処理を受け、また必要であれば没収、破壊されるように手配している様子をご覧になられるでしょう。

また機内では、入国用乗客カードが渡されますが、これは法的書類ですので、このパンフレットに記載されているものを含め、もし食品や動植物でできた品物をお持ちの場合には、必ずYESに印をつけなければなりません。
検疫の対象となる物があるけれど、申告したくないという場合には、申告カードを税関の係官に手渡す前に、荷物受取所に行く途中にある検疫用ごみ箱に捨てて下さい。

申告したものはどうなりますか?
検疫の対象となる物を申告した場合には、検査を受けるために検疫管の所に行くように指示されます。大半の場合、申告した物は返却されます。

もし申告されたものを安全にするために処理を行う必要がある場合には、この処理にかかる費用を支払うか(物や処理の内容によって費用は異なる)、申告した物をAQISに引き渡して破壊してもらうか、あるいは他国に送付することができます(送付費用は申告者が払う)。
処理を受ける場合には、処理する物や必要な処理方法によりますが、処理が済んで受け取るまでに数日から数週間かかる場合があります。ご自分で取りに行くことも、エージェントに依頼することもできますし、郵送や配達を当方に依頼することもできます。処理後30日以内に取りに行かなければならず、AQISに連絡をせずに、この期間内に取りに行けなかった場合には、処理したものは破壊されます。

リスクが高いために持込みが禁じられているものを申告した場合には、これをAQISに引き渡すか、または他国に送付することができます。こういった物は申告しなくても、検疫物探知犬が嗅ぎ付けたり、X線検査で見つかる可能性が非常に高いことにご注意下さい。もし見つかりますとそれが破壊されるだけでなく、罰金を科されたり、起訴される場合もあります。オーストラリアの国際空港ではどこでも、その場で罰金が科される制度が適用されています。
ATSは最安値保証!!
同一旅行商品で他社よりも当社が高いようであればその価格よりも安くさせて頂きます。

オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。
オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。

オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用フリーダイヤル0044-2261-2137
ご予約専用フリーダイヤルではお問い合わせにはお答えできませんのでご注意下さい。 お問い合わせはこちらからどうぞ
ケアンズ ゴールドコースト シドニー パース エアーズロック メルボルン ダーウィン タスマニア のホテル コンドミニアムの予約はお任せ下さい!
Copyright © Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.
オーストラリア政府公認旅行業第一種免許 Licence No.TAG1501