オーストラリアのホテル コンドミニアムの格安予約はオーストラリアンツアースペシャリスト 【ケアンズ シドニー ゴールドコースト パース エアーズロック メルボルン タスマニア】
オーストラリアのホテル コンドミニアムの格安予約はオーストラリアンツアースペシャリスト。ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、パース、エアーズロック、ダーウィン、メルボルン、タスマニア等。口コミ情報、地図有り。オーストラリアのホテル コンドミニアムの格安予約はオーストラリアンツアースペシャリスト。ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、パース、エアーズロック、ダーウィン、メルボルン、タスマニア等。口コミ情報、地図有り。 オーストラリア全土のホテル コンドミニアムをインターネット特別割引。ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、パース、エアーズロック、ダーウィン、メルボルン、タスマニア等
オーストラリア ホテル コンドミニアム
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
パース
エアーズロック
メルボルン
ダーウィン
アデレード
タスマニア
【その他の都市】
パームコーブ&ノーザンビーチ
ポートダグラス
グレートバリアリーフの島
アーリービーチ
サンシャインコースト
ブリスベン
バイロンベイ
フレーザー島
アリススプリングス
西オーストラリアの他エリア
南オーストラリアの他エリア
イルカを見られるリゾート
ゴルフリゾート
ホームステイ
オーストラリア コンドミニアムについて
コンドミニアムとは
コンドとホテルの違い
コンドミニアムでの洗濯
コンドミニアムのキッチン
コンドの部屋タイプと間取り
コンドミニアムでの楽しみ方
コンドミニアム体験談
オーストラリア 出発準備
パスポート
ビザ
旅行保険
外貨
オーストラリアの気候
オーストラリア 入国と出国
日本出国
オーストラリア入出国
持ち込めない物
申告が必要な物
オーストラリア 基礎知識
通貨
電圧・電話・郵便
インターネットについて
交通情報
医療機関
都市間の移動時間
オーストラリア メールマガジン
メールマガジン:毎月お得な情報を配信中! 毎月お得な情報を配信中!
ご登録はこちら
インフォメーショオーストラリア イン
コンドミニアムとは
コンドとホテルの違い
コンドミニアムでの洗濯
コンドミニアムのキッチン
コンドの部屋タイプと間取り
コンドミニアムでの楽しみ方
コンドミニアム体験談
オーストラリア全土のツアー・ホテルの格安予約
オーストラリアのツアー
オーストラリアのホテル
オーストラリアのリゾート
オーストラリアのダイビング
オーストラリアの鉄道
オーストラリアの留学
オーストラリアの不動産
お役立ちリンク集
オーストラリア 役立ちリンク
お問い合わせ
予約までの流れをご説明
予約規定
メルマガ登録・解除
オーストラリアの都市情報
会社案内
お客様からサンクスメール
ATSが選ばれる理由
オフィスマップ
代表からのご挨拶
スタッフ紹介
サポート
個人情報保護について
よくある質問とお答え

オーストラリアのホテル コンドミニアム予約 オーストラリアンツアースペシャリスト
当サイトはリンクフリーです。
ごリンクの際はこちらのバナーをお使い下さい。
  お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ! 

オーストラリア入出国

オーストラリア入国

入国審査
入国審査にて必要なものは、パスポート、ビザ(査証)、入国カードとなります。ここで、簡単な質問をされることがありますので、旅行目的や滞在日数、滞在する場所などは、英語で説明世着るようにしておきましょう。パスポートに入国スタンプを押してもらいます。

荷物受け取り
機内に預けた荷物を受け取ります。同じようなスーツケースを持っている人もたくさんいらっしゃいますので、受け取った際には、必ず自分のものか確認をしましょう。スーツケースに名前タグを付けておくとわかりやすいです。もし、荷物が見つからなかった場合は、荷物紛失所もしくは、空港スタッフに申しつけます。その際に、搭乗手続きの際にもらった荷物引換証が必要となりますので、用意しておいて下さい。また、荷物が損傷している場合も同じく、空港スタッフに申しつけます。その場でクレームをしないと、補償が受けられないことがほとんどです。

税関
荷物を受け取った後、税関となります。ガムや飴ひとつでも、食べ物を所持していれば、申告をする必要があります。スーツケースを開けたりしていると手間がかかるので、食べ物を所持している場合は、手荷物で予め別の袋にまとめておくとよいでしょう。


オーストラリア出国

チェックイン(搭乗手続き)
チェックイン搭乗手続きは、空港の利用航空会社の出発カウンターでフライトの2時間前から行います。まず、搭乗手続きで必要となるものは、航空券とパスポートです。機内に預ける荷物のX線検査を受けた後チェックイン・カウンターにて、機内預けの荷物を渡します。どんなに小さなはさみや刃物類でも手荷物では機内に持ち込めませんので、必ず、機内預けの荷物に納めておくようにしましょう。また、オーストラリア方面への荷物の重量制限は20キロとなっております。チェックインの際には、窓側や通路側などの、リクエストをすることもできますが、混み合っている時などは、希望に添えないこともあります。
手続きが済みますと、搭乗券(ボーディングチケット)を受け渡されます。この搭乗券には、搭乗便名と座席番号が記載されており、搭乗する際に必要となりますので、なくさないようにして下さい。航空券の裏には、荷物の引換証が貼られます。同じ番号のものが機内預けの荷物にも貼られ、目的地に到着してから、荷物が見あたらない場合などは、この番号で検索するようになりますので、こちらもなくさないよう、ご注意下さい。

免税品のチェック
免税品出国審査の前に(都市によっては、出国審査の後の場合もあります)滞在中に免税店にて購入した品物のチェックがあります。免税品は空港でチェックを受けるまで封を開けることはできませんので、ご注意下さい。袋に一緒に付いている複写のレシートを剥がしてもらいます(申請をし忘れると日本に帰国してから罰金の請求がくることもありますので、必ず手荷物にするようにして下さい)。

出国審査
ここで必要となるのは、パスポート、航空券、搭乗券、出国カードです。パスポートに出国スタンプをおしてもらいます。出国カードの書き方は、以下を参照。
  1. パスポート番号
  2. 搭乗便名
  3. 目的国
  4. 職業(OFFICE WORKER, STUDENT, HOUSE WIFEなど)
  5. パスポートに記載されている国籍
  6. 生年月日
  7. 旅行者または一時入国者にチェック(通常は、Dにチェック)
  8. 主に滞在した都市又は州
  9. 署名(パスポートと同じ)
  10. 出国の日付
出国カード

セキュリティチェック
次に、手荷物検査とボディチェックが行われます。最近では、コンピューターを持ち込む場合は、鞄から一度だし、またバッテリーも外すよう要求されることもあります。手荷物検査では、手荷物をX線検査機の上に乗せ、金属探知器のゲートをくぐります。

税金の払い戻し
旅行者で、30日以内に購入した品物に関しては、税金の払い戻し申請ができます。通常は、搭乗ロビーにTRSというカウンターが設置さております。ただし、どんなものでも、払い戻しの申請ができるわけではなく、1つのお店でA$300以上購入した場合のみです。いくつかの品物、または、何回かに分けて購入した場合でも、1つのお店で購入していれば、申請ができます。ただし、タックスインボイス(レシート)を1つにまとめてもらう必要があります。申請には、品物とタックスインボイスが必要となります。カウンターは、混み合っていることもありますので、申請がある場合は、早めに出国審査をするようにしましょう。搭乗に間に合わなくなってしまうこともあります。

搭乗ゲート
搭乗券に記載されているゲートへ進みます。搭乗開始は、国際線の場合、30分前になります。
搭乗ゲート
ATSは最安値保証!!
同一旅行商品で他社よりも当社が高いようであればその価格よりも安くさせて頂きます。

シーテンプルパームコーブ

エアーズロックリゾート

オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。
オーストラリアンツアースペシャリストは、オーストラリア政府公認旅行会社なので安心です。

オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用フリーダイヤル0044-2261-2137
お問い合わせ専用ダイヤルは+61-7-5570-4988 オーストラリア国内からのフリーダイヤルは1800-015-016 毎日営業
ご予約専用フリーダイヤルではお問い合わせにはお答えできませんのでご注意下さい。 お問い合わせはこちらからどうぞ
オーストラリアのホテル コンドミニアム予約 オーストラリアンツアースペシャリスト 当サイトはリンクフリーです。
ごリンクの際はこちらのバナーをお使い下さい。
ケアンズ ゴールドコースト シドニー パース エアーズロック メルボルン ダーウィン タスマニア のホテル コンドミニアムの予約はお任せ下さい!
Copyright(C) 2018 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.
オーストラリア政府公認旅行業第一種免許 Licence No.TAG1501